サービスのデザインパターンについての本です。フレームワークに乗っかって開発したりすると意識しなかった実装について、でるわでるわ実装についての型を知っておくと、構造を考える時に非常に楽になります。

内容

端的に言えば設計の本です。ただ、Web サービスという HTTP を利用してのアプリケーションに言及した場合のデザインの話を本書で行っています。サービスの基本構造を学ぶにはうってつけな本でした。

API のパターン、サービスとクライアントの通信パターンについての話ではサービスのコアであるデータの処理方法について単純明快に書かれています。CGI で泥臭いコードを書いていた時は、意識してリクエスト/レスポンスとリクエスト/Ackを使っていたなぁと思い出しました。

また、データオブジェクトやルーティングに関してもきちんと言及しており、一度読んだだけでは理解しきれない程の情報量でした。ページ数自体は多く無いのですが…

ちなみにコードが掲載されていますが、Java と C# によってコードは構成されています。僕の守備範囲では無かったですが、特に困る程のモノでも無かったので雰囲気を感じ取れるレベルでも読む価値はあるかと思います。

まとめ

DDD 本と同様設計についての本で、サービスまで実際に踏み込んだ内容となっています。個人的にはこの二冊を手元に置いて設計力を身につけるのが良い感じだと思います。

プログラミングにおいての設計はいつまでもついて廻る問題なのでじっくり身につけていきたいと思います。