読みました。
GitHub 実践入門の内容は Git 入門から GitHub 入門、CI 入門とおよそ GitHub を利用して開発する上で利用するであろうサービス、ソフトウェアを用いての開発ルーチンについて書かれていました。
良くある文字だらけ、抽象的な理論だらけという事も無く、そもそもこれからプログラミングするレベルの人でも是非すぐに購入して実践するべき内容です。もっと早く欲しかった。

内容

本書のおおまかな流れは下記の通りです。一部を抜粋してまとめています。

  • Git
  • GitHub の機能
  • Pull Request
  • GitHub 連携ツールとサービス
  • GitHub を利用した開発フロー

今まで Git の使用方法をある程度の流れをもって説明している本はいくつかありました。
個人的にはGit によるバージョン管理が読みやすく、理解しやすかったのですが、この本も GitHub を利用した開発について言及しているわけでもなく、あくまでもツールの習熟に関して着目している本です。

しかし、GitHub 実践入門は、ソフトウェアの仕様に踏み込む事をグッと堪え、ソフトウェア開発 (特にオープンソース界隈) で主流とされている開発方法の説明に注力しています。どこまで読んでも GitHub を使うために必要な Tips が詰め込まれているので本がクタクタになるまで利用出来るのではないでしょうか。

まとめ

自分自身 GitHub は未だ使い慣れていないので、これからこの本をクタクタにしてやろうかと思います。
開発フローが自然に実践出来ればお役御免になると思うのでその日が一日でも早く来るように頑張ります。