今月は機械学習に時間を多量に割きながらもノルマである二冊をちゃんと読み切れました。だんだん自分の処理限界が上がっている感じがあり、非常に楽しいです。あと、技術書の飽きない読み方もコツを掴んできました。

という訳で、今月読んだ本はRailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版とエリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)です。

Rails を体系だって勉強した事が無い (というかチュートリアル的な物が続かない) のでえいやと終わらせてしまう事を決意し、読み切りました。HTML 等を真面目に書くのがめんどくさい人はサンプルコードをパクって来て適宜楽をして自分に必要な部分だけ手作業にすると簡単に進みました。一番見ておくべき所はテスト開発の考え方、視点と内部の処理に関する部分で、他は割と色んなサイト見ていても手に入る情報です。

もともと DCI を知った所からこの本を読む事を決意したわけですが、非常に面白い本でした。特に O/R マッパーを使用していると考えさせられる部分が多く、Rails の様な MVC を謳っているフレームワークを使用するときの参考になります。この本ではモデルの在り方を中心にオブジェクト指向な設計を考察しています。

4 月に読みたい本

4 月は GitHub 実践入門と言語実装パターンを読もうと思います。
これからの方針で、時流に左右される本と左右されない本を 1 冊ずつ読む事を心がけたいと思います。

そろそろゴツい本に差し掛かるようになるので今のうちに読み進めて少しでも余裕を作りたいと思います。
なにせ 詳解 UNIX プログラミングとか LINUX プログラミングインターフェースなんて言うラスボスを残してますので…